きっとハッピーアイランド

フリーランスを目指して活動中のフリーターのブログ

オン[on]のトレランシューズがおしゃれ機能的!

どうも

先日初めてスパルタンレースに出てきました!

 

※スパルタンレースとは、リーボックが主催する障害物レースのこと。

わざわざ高いお金を払って重いサンドバッグを運んだり、ロープを登ったり、

障害種目を乗り越えられないときは罰ゲームでバーピーと言われるクソキツいエクササイズ的なやつを30回もやってからじゃないと再スタートできないという、鬼畜なもの好きが集まる変態レースだ。

 

ちなみにクソ楽しかったので絶対にまた出ます!笑

 

で、、、

話を戻すと、

そのレースのためにトレイルランニングシューズを買ったので、今回はそれを紹介します!

 

《目次》

 

買ったのはこれ!

今回買ったのは“オン”のシューズ。

 

名前は「Cloudventure Waterproof」

クラウドベンチャーウォータープルーフ

f:id:hariBo:20190525194708j:image
f:id:hariBo:20190525194711j:image

 

特に気に入ったのはズバリ見た目です。

やっぱりかっこいいと思えるものじゃないと、使っててテンション上がりませんからね。

 

黒を基調にしたシンプルなデザインと独特なロゴ、機能性のあるソールととても気に入りました。

 

具体的に見ていきましょう。

 

“オン”てどんなブランド?

オン(On)

はスイス生まれのシューズメーカー。

始まったのは2010年と新しいブランドです。

 

スイスのアルプスで生まれたOn。創設から今日まで、Onが目指す目標はただ一つ。ランニングセンセーションの革新。全ては、一つのアイデアに基づいている。それは、ソフトな着地と爆発的な蹴り出し。Onの言葉で言い換えるなら、「雲の上の走り」。

(公式サイトより引用

https://www.on-running.com/ja-jp/about

 

雲の上を走るような感覚を目指しているらしく、クラウドテックという特許技術を搭載した、クラウド(cloud)シリーズがオンの主力ラインナップです。

 

クラウドベンチャーの特徴は?

今回買った

クラウドベンチャーウォータープルーフ

は山道のような悪路でも走りやすいように設計された。トレイルランニング用のモデルです。

 

f:id:hariBo:20190525204643j:image

ソールはこんな感じ。

 

しかも完全防水になっているので、急な雨でも靴の中が濡れる心配がありません。

 

防水じゃないモデルもあって、そっちの方がだいぶお安いんですが、

これからの梅雨の時期にちょうどいいなと思って防水モデルにしました。

 

結論

Onのクラウドベンチャーウォータープルーフ

 

普段着で街中で履いてもサマになるし、

急に走り出したくなったら走れるし、

このまま山に行けちゃうし、

雨降ってもおかまいなしな、

最強シューズなのだ!

 

フジロックとかにもいいかもしれないですね。

いつもは登山靴で参戦してるんですが、

今後の活躍次第ではフジロックシューズになる可能性もあるかもです。

 

では!